日本語教師の資格を取得する方法

大学で日本語教師を専攻して単位を取る

大学で日本語教師を専攻して単位を取る 日本語教師になろうと思った時、まず資格取得のために通信講座や専門学校を探す方も多いでしょう。しかし、実は大学で必要な講義を受けることにより、この資格を取得することが出来るのをご存じでしょうか?
大学では主に語学を専攻する学科で日本語教師の資格を取ることが可能です。もちろん、日本文学だけでなく、場合によっては英文科専攻の学生でも必要な講義を受ければ取得可能な大学も多くあります。語学を学ぶ、習得するメカニズム等共通することが多くあり、語学に興味を持っている学生であれば楽しく資格を取ることが出来るでしょう。
大学では必要な講義を受講し、単位を取っていれば、卒業と同時にその大学から日本語教員資格の認定書が授与されます。こう言われると、ついで、に取得することが出来るように感じられますが、講義には実際に生徒同士で教えるといった実践の講義があったり、場合によってはボランティア活動の一環で公民館などで日本語を勉強している外国人のもとへ行き、実際に日本語を教えるといった実習も必要となります。
決して簡単に取れる資格ではありませんし、ついでに取れるものでもありません。大学で日本語教師の資格を取れるのであれば、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか?

日本語教師の存在はとても大きいしなりたい方はチェック

日本語教師の存在はとても大きいしなりたい方はチェック 日本語教師は海外でも需要は高いですし、当然日本でも語学学校で求められている教師の一つです。
海外から日本語を習うために出てくる方もいますが、留学という形ではなく仕事をするためにという目的の方も多いです。その中でより日本での仕事を充実させるために、またビザの関係も有って日本語を習いたいという事で日本語学校に通う学生さんもいます。そんな中日本語教師の存在はとても大きいですし、生徒の母国の言葉も知っているというのも重要なポイントです。比較的英語を使うところが多いので、教える側としても英会話はある程度習得しておいた方が安心です。場合によっては中国や韓国語で教えるということも有りますし、基本的には日本語の教鞭をとるだけでなく解説をその国の言葉でしなければならないシーンも有りますので知っておくことも大事です。日本語の需要は日本に来ている留学生やビザの関係出来ている人にとっても大きいですし、日本語教師を目指すのもありです。

新着情報

◎2022/8/1

情報を更新しました。
>日本語教師として働く場合にはどれぐらいの年収が得られるのか
>日本語教師になる為に国籍は関係があるのか
>決して簡単ではない日本語教師になる為に必要なこと
>日本語教師になるための条件として年齢はあまり関係ない
>日本語教師として海外で生活するのには絶好のチャンス

◎2021/11/15

サイトを公開しました